アルメニア 人 大量 虐殺

アルメニア

Add: kymucoso24 - Date: 2020-11-30 22:13:16 - Views: 2253 - Clicks: 7776

ヴェヒプ・パシャ(陸軍第3軍司令官) 3. 1970年代にアルメニア解放秘密軍やアルメニア人大量殺戮報復部隊などのアルメニア人過激派がトルコ外交官などに対して行ったテロリズムや空港などでの無差別攻撃のため、トルコの反アルメニア人感情も生じた。また、追放・虐殺されたアルメニア人が. トルコのエルドアン大統領は15日、米議会がオスマン帝国末期のアルメニア人大量虐殺を認定する決議を可決したことを非難、トルコ議会も米. 「血が川の中を流れていった。何千人もの無垢な子供、罪のない老人、無力な女性、強い若者たちも、忘却の彼方に流れていった。私はこの手で救える者は誰であれ救ったが、そこから溢れた者は、もう二度と還らないだろう。」 3.

1915年に始まった「アルメニア人虐殺」から104年になるのを記念してアルメニアの首都エレバンで行われた追悼式典の模様(年4月24日撮影. See full list on dic. 解説 「ホテル・ルワンダ」のテリー・ジョージ監督が、150万人が犠牲となったオスマン帝国によるアルメニア人大量虐殺事件を題材に、事件に. 抵抗するアルメニア人に対し首都イスタンブルで1915年4月24日に虐殺が始まり、アルメニア人の知識人らが連行され、1923年までにわたって、主に帝国東部でアルメニア人の大量殺人や追放が相次いだ。現在、アルメニア政府は犠牲者150万以上にのぼる、民族.

5人に3人が殺された「アルメニア人大虐殺」 アルメニア 人 大量 虐殺 皆さんは アルメニア って国知ってますか?. 大量虐殺から逃れてきたアルメニア人は、自分たちの生活を聖地で立て直しました。. 当時のオスマン帝国は、第一次世界大戦に参戦したばかりで、ドイツやオーストリア=ハンガリー帝国を中心とした「中央同盟国」側にいました。 一方で対するのは、フランス、イギリス、ロシア帝国を中心として連合国でした。 このような状況の中でオスマン帝国は、帝国内の領土にいるアルメニア人が、ロシアに戦争協力を要請することを懸念していた様なのです。 ロシアは長年、コンスタンチノープル(現在のイスタンブール)を、黒海への足掛かりとして、また、一年中ずっと凍ることのない不凍港として狙っていました。. 州内のアルメニア人には騒擾の兆候は見られないとして追放指令に抗議。その後も、表向きは追放指令に従いながら、アルメニア人を安全な場所へ移送しようと試みるも、そのほとんどは失敗した。 5. 犠牲者の数については、あるトルコ人研究者の提示する5万人説から、あるアルメニア人研究者の提示する200万人説まで存在し、被害の規模についての両国の主張は完全に対立している。 他方、同時代の調査では、1919年にオスマン帝国内務省自身が、1915年から1917年までに80万人のアルメニア人が殺害されたと発表している(しかし、この数字は現代のトルコでは単に死亡者数と解釈されている)。また、オスマン帝国の同盟国であったドイツ帝国の外務省情報局が1916年5月に作成した報告書では、アルメニア人の犠牲者数は150万人とされている。現代の欧米の研究者の間では、犠牲者数はこの2つの数字、80万人から150万人の間に収まるであろうと概ね捉えられている。 一方、近年の研究ではオスマン帝国軍は戦争中にロシア帝国領やペルシア領でもアルメニア人を虐殺しており、また1917年から1923年までのトルコ独立戦争中に発生したアルメニア人虐殺を含めると、犠牲者数は数十万人分上乗せされるとの主張もある。 ※犠牲者数についての論争が紛糾する理由には、そもそもオスマン帝国には完全な形のアルメニア人の人口統計が存在しなかったということが挙げられる。公式国勢調査では1897年のアルメニア人人口は114万人、1914年のアルメニア人人口は123万人とされている。ただし、国勢調査によるアルメニア人人口はキリスト教徒のみの数字であり、アルメニア人イスラム教徒(ヘムシン人)は含まれていない。また、当局がアルメニア人人口を故意に低く見積もった可能性も指摘されている。一方、米大使館員サミュエル・コックスは、1880年から1886年までの調査でのアルメニア人人口を240万人と推計している。ブリタニカ百科事典は1915年以前のアルメニア人人口を175万人と推計し、イスタンブール・アルメニア総主教座は、1913年2月から1914年8月までの調査でのアルメニア人人口を191万人としている。 いずれにせよ、かつてオスマン帝国内に広範に存在したアルメニア人コミュニティが、1917年を境に消え去ったことは争いのない事実である。. 1915年9月12日、フランス海軍は4000人以上のアルメニア人をモーセ山から救出した。 20世紀初の大量虐殺で、150万人のアルメニア人が虐殺された。 トルコ政府は、この罪を今日まで認めていない。. 「ジェノサイド」という言葉が生まれ、国際法上で禁止行為とされたのが20世紀半ばであったため、20世紀初頭に起こったアルメニア人虐殺は、法的には犯罪行為として認められていませんでした。 そしてこのことがまた、アルメニア人虐殺を難しい問題にしている一つの要素となっています。 実際、ジェノサイドという言葉が生まれる前に起きたこの一連の事件を、「ジェノサイド」として認めるかどうかに関しては、国際社会の中でも意見が大きく分かれているのです。 例えば、それぞれの立場として、以下のような国々を挙げることが出来ます。 この問題に関しての諸外国による立場表明は、外交上の理由、民族や人種的な理由、宗教上の理由、内政上の理由などが複雑に絡み合っており、国際舞台でもなかなか進展し辛い状況となっています。 また、多くの国はその虐殺の肯定・否定に関して、最終的な声明を出すのを拒んでいます。 ちなみに、オスマン帝国の後を引き継いだトルコは、1915年に始まったアルメニア人虐殺が計画的に組織されたことを常に否定し続けてきました。 また、トルコ人と人種・民族的に共通のルーツを持ち、またアルメニアとはナゴルノ=カラバフを巡る領土問題を抱えているアゼルバイジャンは、トルコ以外に政府がその虐殺の事実を強く否定している唯一の国です。. 【ワシントン=黒瀬悦成】米下院本会議は29日、オスマン・トルコ帝国による1915~23年のアルメニア人の大量殺害を「ジェノサイド(民族大量.

アルメニア人虐殺において当時のオスマン帝国側は、人が想像できるあらゆる方法を用いてアルメニア人を殺害したようです。 この虐殺事件に関しては通常、その犠牲者数が問題になりますが、当時の写真などを見てみると、人間の残虐性が非常に強く表れているのが分かります。 例えば、オスマン帝国の兵士が、如何にも誇らしく、アルメニア人の首が並ぶなかでポーズをとっていたり、泥にまみれた頭蓋骨に囲まれて立っていたりする姿で写真に収まっているのです。 また、銃器による殺害以外にも、犠牲者の死因として、 なども挙げられており、幼いアルメニア人の子どもたちはボートに乗せられ、そのまま海に投げ入れられ、(未婚か既婚か、子持ちかどうか、また年齢に関係なく)女性に対しては強姦も頻発したと言われます。 アルメニア 人 大量 虐殺 さらに、大半のアルメニア人はシリア方面に追放され、砂漠に追いやられた結果、飢えと渇きで死んでいったとされます。. アフメト・ルザ(帝国議会議長) 1. アルメニア 人 大量 虐殺 歴史は第一次世界大戦に遡り、フランスは大戦中に行われたトルコによるアルメニア人大量虐殺(ジェノサイド)を非難しており、年、法的に. オスマン・トルコのアルメニア人大虐殺 / イスラエル国会(クネセト)で、オスマン・トルコ帝国軍による大量アルメニア人殺害を民族大虐殺(ジェノサイド)と認知する法案が提出され、審議される予定だ。. 上記のように、トルコ政府は現在まで一貫してアルメニア人虐殺の存在を否定している。トルコ政府の立場は、大戦中に行われたアルメニア人の移送はあくまで彼らを保護するための行動であり、その過程で発生したアルメニア人の大量死は意図しないものであった、というものである。また、殺害された少数のアルメニア人も上記のようにテロリストや敵国ロシアと通じた売国奴のみであり、その殺害は正当なものであったとも主張する。そして、1970・80年代のテロの記憶も相まって、一般のトルコ国民もむしろ自分たちが反トルコ・プロパガンダの被害者であるとの認識を抱いている。 また、そもそもトルコは刑法第301条で「民族侮辱罪」を定めており、アルメニア人虐殺を肯定する研究や発言自体が罪に問われかねないという実情もある。この法律により、アルメニア人虐殺を肯定したオルハン・パムク(作家・ノーベル文学賞受賞者)やフラント・ディンク(ジャーナリスト・アルメニア系)などが起訴されており、ディンクはその後トルコ人民族主義者によって殺害されている。. 第一次世界大戦勃発とともに国内の少数民族に対する疑念はますます深まり、「統一と進歩委員会」はアルメニア人のイラク・シリア方面への追放を決定した。実際に国内のアルメニア人民族主義組織は皇帝暗殺未遂など数々のテロ事件を起こしており、独自の軍事組織も編成し始めていた。また、国境を越えて敵国ロシア帝国に逃亡し、ロシア軍に参加するアルメニア人も多数発生していた。このため、アルメニア人に対する疑念は決して根拠のないものではなかった。 そして、1915年4月から1917年2月までの1年以上をかけてアルメニア人の追放作戦が実施され、その過程において虐殺・死の行進・キャンプでの病死・餓死・人体実験により百万人単位の犠牲者が発生した(犠牲者数の詳細については下記を参照のこと)。 また、大戦中に虐殺の対象となったのはアルメニア人だけではなく、ギリシャ人(50万人から90万人)、アッシリア人(15万人から75万人)、ブルガリア人(5万人から6万人)に対する虐殺も行われた。(とはいえ、同時期にはアルメニア人とギリシャ人の側も数万人単位でトルコ人を虐殺している). アルメニア人の追放は憲法違反であると強く訴え、移送を停止する法案を議会に提出するも、可決されることはなかった。 1.

町からのアルメニア人の追放指令を拒否し、暗殺された。事件はアルメニア人過激派の犯行として処理された。 6. アンカラ州からのアルメニア人の追放指令を拒否し、知事を罷免。大戦後はアルメニア人虐殺の真相究明委員会を組織・指導した。 6. 多くの歴史研究家の一致している点として、アルメニア人虐殺が起きた時、帝国内にはおよそ200万人のアルメニア人がいたと考えられています。 一方で、1914年から1923年(※いつまで続いたかに関しては異なる見解がある)まで続いた一連のアルメニア人虐殺による犠牲者の数は、30万人から200万人と幅があり、最大推定数はオスマン帝国内に居住していた全てのアルメニア人の人口数と一致してしまいます。 これは、犠牲者となったアルメニア人は、オスマン帝国領に限定されていたわけではないからです。 アルメニア人虐殺による犠牲者のなかには、当時ロシア支配下にあったコーカサス地方に住んでいた180万人のアルメニア系住民のうち、オスマン帝国の軍勢が1918年に東アルメニアとアゼルバイジャンを襲った際に殺害された人々もいたと考えられているのです。 ただし、実際のところ最大数の200万という数は多すぎるという説が主流で、60万から150万という数が妥当という主張が一般的です(オスマン帝国の公式発表では1915年と1918年の間で80万人)。 ちなみに、オスマン帝国内アルメニア人の人口数は、1914年に200万だったのが、1922年の時点では40万に激減していたと考えられています。.

オスマン帝国内で約100年前の1915年から始まったアルメニア人虐殺は、「アルメニア人ジェノサイド(Armenian Genocide)」と言う名前で呼ばれることもありますが、実は「ジェノサイド」という単語が誕生するよりも前に起きた20世紀最初のジェノサイドでした。 と言うのも、 または を指す「ジェノサイド」という言葉は、ギリシャ語の「genos(民族・人々)」という単語と、ラテン語の接尾辞「-cide(殺す)」を合わせた単語で、1944年にユダヤ系ポーランド人の法律家「ラファエル・レムキンによって作られ、その後間もなく国際法上で禁止行為として採用された造語だから。 そのため、アルメニア人の一連の虐殺行為に関して「ジェノサイド」という言葉を用いるかどうかという点は、被害者の子孫であるアルメニア人と、オスマン帝国の末裔であるトルコ人との間で感情的な議論を呼んでいます。 双方にとっては単なる歴史的事実としてだけではなく、国としてのアイデンティティに関わる問題となるからです。 といった様に、「ジェノサイド」と言う単語を用いるかどうかは、民族的なアイデンティティや国のあり方に影響する複雑な問題なのです。. アルメニア 人 大量 虐殺 . アルメニア人虐殺が、なぜ第一次世界大戦中に起きたのかに関しては、次のような憶測があります。 世界大戦の最中に、帝国存亡にとって脅威となるかもしれないアルメニア人の大虐殺を早急に実行することは、オスマン帝国の高官達にとっては重要なことだったのかもしれません。 虐殺が大戦中に起これば、諸外国は他の切迫している問題の対処に追われ、人道的危機に対処してオスマン帝国を責める余裕が無くなると考えた可能性があるからです。 実際、当時のオスマン帝国において内務大臣と大宰相を兼任していた帝国末期の政治家「タラート・パシャ」は、ドイツの大使に対して、 と自慢げに話したという話も残っています。 このように、アルメニア人虐殺があのタイミングで起きた理由は、オスマン帝国側にとっては第一次世界大戦を上手くカモフラージュとして利用出来たからだという説が存在するのです。. 1970年代にアルメニア解放秘密軍やアルメニア人大量殺戮報復部隊などのアルメニア人過激派がトルコ外交官などに対して行ったテロリズムや空港などでの無差別攻撃のため、トルコの反アルメニア人感情も生じた。また、追放・虐殺されたアルメニア人が. 最後に次の事実を付け加えておく。 確かに、青年トルコ人の民族主義政権によって大量のアルメニア人が組織的に殺害されたのは、今日ではほぼ疑いようのない事実である。しかし、無論オスマン帝国内のすべてのトルコ人が虐殺に加担したわけではないし、政権内のすべての人物がそれに賛同したわけでもない。当時のオスマン帝国にあって、虐殺に毅然と立ち向かった人々の極一部を以下に挙げておく。 1.

トルコとバチカンが、1915年に起こったアルメニア人の、大量虐殺問題に対する認識をめぐって、対立している。これは、バチカンの法王の発言を元にして起こったものだが、トルコとしては一歩も引けない問題であろう。 アルメニア人虐殺問題とは、1915年当時、オスマン帝国支配の頃に. このアルメニア人虐殺博物館は、他の虐殺博物館と比べると、かなり完成度が低いと言わざるを得ません。 文字による記述ばかりで、判然としない写真の多くまばらに展示されている という印象なのです。. アルメニア人「大虐殺」の闇:映画『the promise/君への誓い』監督インタビュー--フォーサイト編集部 監督に、今作の背景や意図について聞いた。. ^ 「アルメニア人虐殺」否定処罰法めぐり 仏・トルコ関係が緊張『しんぶん赤旗』年10月16日 ^ 「アルメニア人虐殺否定禁止法案、仏両院を通過 トルコ反発」 CNN(年1月24日) ^ a b c 『読売新聞』年2月29日:仏憲法院、「アルメニア虐殺否定は犯罪. アルメニア人虐殺についての論文が書かれたり、 かなりの影響を与えている。 もっと詳しく知りたいなら、 世界史の窓というサイトで. アルメニア人虐殺 現代の状況 ダルフールでの虐殺犠牲者のための灯火式に参加するガレギン2世とローワン・ウィリアムズ(年9月26日、エレバンのアルメニア大虐殺記念碑にて)1991年に旧ロシア帝国領におけるアルメニ. ハサン・タフシン・ウゼル(エルズルム州知事) 4.

アルメニア人虐殺問題もなかったことにしてはおかしいですよね。 アルメニア人とユダヤ人の大量虐殺計画、それはバクーからスエズ運河領域への石油輸送ルートに沿った民族紛争を排除するものだった。 By アルメニア 人 大量 虐殺 Clifford Shack. メフメト・ジェマル・ベイ(アレッポ州・コンヤ州知事) 2. アレッポ州からのアルメニア人の追放指令を拒否し、知事を罷免されコンヤ州に送られた。しかしコンヤ州でも指令に反してアルメニア人を保護し、コンヤ州知事からも罷免された。両州でジェマルに救われたアルメニア人は数千人に上る。 2. 非常に多くのアルメニア人達が、アルメニア人虐殺によってオスマン帝国に財産を奪われました。 また、オスマン帝国がアルメニア人から奪った土地や財産は現在、後継国家とも言えるトルコの領土と財産になっています。 しかし、今日に至るまで、虐殺が行われる前にアルメニア人達が所有していたものは、一切彼らに返却されていません。 広範囲に渡って行われた大量殺人や、精神的な拘束行為に対する補償も何一つされていません。 オスマン帝国が1922年11月に崩壊した為、「罪を犯した責任を負うべき権力がもう存在していない」と言う理由から、賠償を行う事に反対する多くの意見が出ているのです。 一方で、虐殺が行われた場所はトルコであるため、アルメニア人への賠償を支持する人々は、オスマン帝国が招いた事態に対しての責任は後継国家であるトルコが負うべきだと考えています。. フセイン・ネシミ・ベイ(ルジェ町長) 5. これがアルメニア人大虐殺です。 トルコは、アルメニア人大虐殺によって国際的な非難を受けていますが、現在でもこれを認めていません。 第5位 レオポルト2世(ベルギー)200万人. 1914年の時点で既に、オスマン帝国の支配者層は、帝国の安全を脅かす存在としてアルメニア人を危険視していたと言われます。 そうした中、1915年4月23日夜から24日にかけ、帝国の首都であるコンスタンチノープルにおいて、約250人のアルメニア人知識層や地域社会のリーダーらが捕らえられ、後に彼らは国外に追放されるか、殺害されたのです。 約250人にのぼるアルメニア人コミュニティーのリーダー達が、コンスタンチノプールからアンカラへ強制的に移住させらたのが1915年4月24日であったために、この日はアルメニア人虐殺が始まった日とされ、「血の日曜日」とも呼ばれる「ジェノサイド記念日(ジェノサイド追悼記念日)」として世界中のアルメニア人が悼みます。. 旧約聖書の ノアの箱舟 が辿り着いた(といわれる)場所で、世界で初めてキリスト教を 国教とした国 として知られアジアとヨーロッパの中間地点なので 独特な美人が多い国 として(特に)昔から注目.

「このようなことはオスマンの法に照らしても、良心に照らしても決して許されることではない。」 2. 1915年4月24日 これにより、大量の逮捕、国外退去、殺戮が始まった。 こうしたアルメニア人の多くは後に追放され、ほとんどが殺害された。アルメニア人は虐殺の記念日として毎年4月24日に追悼を行う。 『彼らは集団から優秀な知識人たちを奪って行きまし. ナチス・ホロコースト以前に150万人が犠牲となった“知られざる悲劇” ―アルメニア人大量虐殺事件―。 悲しみの歴史に翻弄された男女. アルメニア人はキリスト教徒で、オスマン帝国内に多数住んでいた。 第1次大戦中の1915年、同帝国はアルメニア人が「敵国ロシアに内通している」として強制移住などの措置をとり、大量の犠牲者が出たとされる。.

アルメニア人虐殺について学ぶことができる。 ちなみに、ネット上には. その後オスマン帝国は大戦に敗れ、1919年から1920年には帝国指導層の戦争犯罪を裁く国際軍事裁判が開かれた。この裁判ではアルメニア人とギリシャ人に対する虐殺も訴因に含まれ、虐殺の首謀者と目されたタラート・パシャ(内務大臣)、エンヴェル・パシャ(陸軍大臣)、ジェマル・パシャ(海軍大臣)を始めとする多くの被告人に死刑判決が言い渡された。 しかし、彼らは国外逃亡していたため判決のほとんどは執行されず、アルメニア人たちの憤懣は高まった。そして、アルメニア人民族主義組織は1921年から1922年にかけて旧オスマン帝国指導層に対するテロ「ネメシス作戦」を敢行し、タラートとジェマルを含めた5人の標的を暗殺する「戦果」を挙げた。 しかし、その後オスマン帝国の後継国家となったトルコの側はアルメニア人虐殺の存在自体を否定し、何らの謝罪も賠償も行う構えを見せなかった(虐殺に対するトルコ側の認識については下記を参照のこと)。これによってさらに憤激したアルメニア人民族主義者は、1970年代から数々のテロ組織を結成し、主にトルコの外交官を標的とした夥しい数のテロ行為を繰り広げた(以下に列挙したものは死者が発生した事件のみ)。 やがてテロ事件の波は収まり、ソ連崩壊によってアルメニアはようやく独立国家としての存在を取り戻した。しかし、その後も虐殺を否定するトルコ政府の認識は揺るがず、またアルメニアが親トルコ的なアゼルバイジャンとナゴルノ・カラバフ問題で徹底的に対立したことも重なり、トルコ=アルメニア間の国交は年現在も途絶状態にある。. 【12月13日 afp】米上院は12日、オスマン帝国時代のトルコで1915~17年に最大150万人が亡くなった「アルメニア人虐殺」をジェノサイド(大量虐殺. ハサン・マザル・ベイ(アンカラ州知事) 6.

ドイツは1915年、オスマン帝国によるアルメニア人大虐殺の事実を認める決議を独議会が採択したことで、トルコとの二国間協力が中断されること. 尚、アルメニア人虐殺はいまなおトルコが国家として正式に事件の存在を認めていないことも事実として知っておくべきでしょう。 ※出典: 人間はなぜ殺し合うのかという謎の解明へ一歩前進、チンパンジーの事例が適応戦略で説明できることを京大が発表. 作品概要<アルメニア人大量虐殺事件> 知られざる、20世紀最初のジェノサイド。 悲しみの歴史に引き裂かれた男女3人の壮絶な運命を描く、史実に基づいた物語 ナチスによるホロコースト以前の1915年、オスマン帝国で起こったアルメニア人の迫害。. 当初、指揮下のアルメニア人兵士を武装解除し「労働大隊」へ送る任に当たっていたが、やがて移送された兵士が虐殺されていることを知り激怒。虐殺加担者を裁くため裁判所も設置したが、結局被告人はタラート・パシャに保護された。 4. See full list on world-note.

大量虐殺がアルメニア人のトラウマの歴史になっている. 第一次世界大戦の戦時中及び周辺時期に、オスマン帝国によって最も多く殺害されたのはアルメニア人達でした。 それゆえに、この時期にオスマン帝国(またはトルコ)の領土内で起こった大規模な出来事として、アルメニア人虐殺はしばしば議論の焦点になっています。 しかし、同じキリスト教徒としてオスマン帝国領内に暮らしていたアッシリア人やギリシャ人達の多くも、実は命を奪われ、また住む場所を失いました。 アッシリア人に関しては、数万から数十万約30万人の人々が殺害されたと見られていて、それはオスマン帝国とペルシャの国境付近で大々的に行われたとされます。 ただし、トルコ側ではこのアッシリア人への虐殺行為に関して、特定の民族をターゲットにしたものではなく、あくまでも反乱を起こした人を殺害したのみだとする主張が主流です。 一方で、1923年には「ギリシャとトルコの住民交換」が実施されました。 これは、住民の信仰に基づき、トルコのギリシャ正教徒とギリシャのイスラム教徒を交換したもので、その中では約200万人ものギリシャ人達が、強制的に住む場所を追われ、結果、流血の大惨事となり、多くの人々が命を落とし、また、難民となったと言います。 ただし、この200万人の中には、130万人近くのトルコ領内に住んでいたギリシャ系キリスト教徒と、35万人近くのギリシャに住んでいたギリシャ系イスラム教徒が含まれており、決してトルコによる一方的な追放ではありませんでした。 そのため、ギリシャとトルコの住民交換は、「(両国間で)合意の上で実施された相互追放または民族浄化」と考えられています。. そもそもアルメニア人は、中世以来ユダヤ人のように世界中に拡散して暮らす「故郷なき民族」であった。また、これもユダヤ人と同様「商才に長けた民族」として、アルメニア人はカイロやイスタンブールなどの地中海各地にも貿易拠点を持つようになった。 他方、オスマン帝国の側もトルコ系の王朝と国語を持ってはいたが、その実態は支配層にも多様な民族が登用される多民族国家であり、「オスマントルコ」の俗称とは裏腹に、決してトルコ人が他の民族に対して優越した存在というわけでもなかった。事実、オスマン・アルメニア人の中には外務大臣や軍需産業界支配者、造幣局責任者に上り詰めた者もいる。とはいえ、これら有力なアルメニア人は人口から見ればごく少数であり、オスマン・アルメニア人の大多数はやはり貧しい農民であった。 しかし、1848年革命を契機にオスマン帝国の少数民族にも民族意識が芽生え始めると、同時期に即位した専制的な皇帝アブデュルハミト2世は、彼らに対して強い警戒心を抱いた。1891年にアブデュルハミトはクルド人を主体とした非正規の騎兵隊「ハミディイェ」を組織させ、このハミディイェは1892年から1896年にかけて東アナトリア(帝国東部)全域でアルメニア人に対する虐殺を繰り広げた。この「ハミディイェ虐殺」によるアルメニア人の犠牲者は8万人から30万人と推計され、アルメニア人の他にも数万人のアッシリア人が犠牲となった。 やがて、1908年の青年トルコ人革命によってアブデュルハミトは退位させられ、オスマン帝国の指導層は「統一と進歩委員会」へと移った。しかし、当初は自由主義的であった「統一と進歩委員会」も、ほどなくその姿勢を民族主義へと転換していった。. 第1次世界大戦中の1915年4月25日、オスマン・トルコ帝国はアルメニア人を強制連行。アルメニア側は150万人が集団虐殺されたと糾弾し、トルコ.

.

アルメニア 人 大量 虐殺

email: zavedy@gmail.com - phone:(951) 901-8739 x 7513

イオン を 創っ た 女 感想 -

-> ハリー ポッター ページ 数
-> ガンダム シリーズ おすすめ

アルメニア 人 大量 虐殺 - サイコパス


Sitemap 1

コウノドリ 再 放送 2019 -